REAL BOUTエクストリーム

お絵描きが趣味な江久須の自己満足ブログ

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうせやつの人生もこれでゲームオーバーなんだ

2015.11.22 (Sun)
さて今回は「少年探偵 ジュンの事件簿」の各エピソードについて語っていきましょうかね
さっそくいくぞーーーーーーーーっ!!

第1回
ゲーム会社のプログラマーが殺されるところから話がはじまるんですが、
被害者のダイニングメッセージの残し方がゲームのカセット内にプログラムでメッセージを残し、
それはカセットをファミコン本体に差し込んで起動しないと確認できない
という・・・
Screenshot_2015-11-22-16-10-46-1.png
推理にゲーム要素をつめこみたいとはいえ、普通に紙に文字書いたほうが早いと思うのは素人考えだろうか?
主人公ジュン君は警察の捜査に首突っ込んだり真相を知ろうとした際に犯人に襲われたりコ○ン君みたいでした

第2回
ゲーム大会で優勝したら両親に結婚を認めてもらえるっていうカップルが登場しますがそんなんで認めちゃっていいのか!?
Screenshot_2015-11-22-16-11-41-1.png
犯人の特徴は太っているとのことですが、そこでジュン君が「スーパーマリオだ!」「小さいマリオはキノコを採ると大きくなってスーパーマリオに変身する。そのキノコの変わりがあれば人間だって!」と発言するところはシュール極まりなかったっすな(無駄に大ゴマだし) 「体のサイズを変えられる人がいれば」とだけ言えばいいのでは・・・ これも無理矢理ゲーム要素を盛り込んだ結果ですな
優勝第1候補が殺されて第2候補も襲われて重症となって最終的にライバルがいなくなって優勝するのが犯人だったんですがその犯人を逮捕しにいく前のジュンの兄の上司の台詞がいいですね あえて逮捕に行く前で終わるところも
ちなみにこの大会のゲームの競技内容はマイティボンジャック、ゲゲゲの鬼太郎、グラディウス、スーパーマリオブラザーズでした なんだこの微妙なラインナップは・・・

第3回
Screenshot_2015-11-22-16-16-19-1.png
誘拐されたジュン君の友達が書いた手紙によって犯人のアジトがわかるという流れはありがちではありますが、ゲーム要素を無理矢理取り込むとやっぱりツッコミどころ満載ですね~
手紙の文章に「グラディウス」と「ツインビー」という単語を入れることによって、その手紙は左下から真上に読んでいけば真のメッセージが伝わるということだそうです(グラディウスは下から上に進む縦スクロールゲーム、ツインビーは左から右へ進む横スクロールゲームだかららしい)
これ読み方がわかったジュン君もすごいけどこの手紙を書いたジュン君の友達もすごいな

第4回
可愛くないヒロイン・アニー初登場 この回からゲーム要素がほとんどなくなります
Screenshot_2015-11-22-16-55-45-1.png
普段優しい学校の先生が実は爆弾魔だったという結構怖いお話でした その先生も初登場時は穏やかな表情だったけど自らを爆弾魔と明かした時の顔はもうホラー入ってました
ジュン君のお兄さんが犯人を投げ飛ばして逮捕するシーンはジュン君のお兄さんの1番輝いてた時ですな

ここまでが1巻の話です
単行本では1巻だけしか出ておらず、ケータイコミック閲覧サイトでようやく単行本未収録のエピソードが見れるようになりました
ただ、1巻は165ページなのに対し、1巻に収録されなかったエピソードが一気に収録してあるので309ページもあります
なぜこんなにページのストックがありながら単行本では1巻しか出なかったのか? やっぱ不人気で1巻の売れ行きが悪かったから・・・!?
まぁボンボンで連載された漫画で単行本に完結まで話が収録されなかったり、単行本自体出なかったりした作品はいくつもあるんですがね・・・

少し長くなったので今回はここまで 次回は2巻のエピソードです
スポンサーサイト

キノコの変わりがあれば人間だって!

2015.11.15 (Sun)
サークル参加した「文々。新聞友の会」も無事に終わりましたよーーーっ

・・・いや、やっぱり新刊があんな形になってしまったのは自分としても残念でした・・・はい
次に参加するイベントではあの話を完成させて発表しなければね

そうそう、前々から言ってたあの漫画もようやっと完結させることができてpixivに公開しました
十数ページの漫画完結に何年も時間かけてもうたわ
よければみてやってくだせぇ・・・

さて、今回はとあるマンガについて語らせていただきたいと思います
ていうか語りたいマンガは山ほどあるんですけどね
なかなかブログを更新するモチベ(ry

b3508_320.jpg
少年探偵 ジュンの事件簿
いろんなマンガレビューサイトや某サイトの動画でネタにされまくっている作品なんですが
ケータイマンガ閲覧サイト(会員制)で偶然見つけ、
大好きなボンガロの作者が描いてるのでこの度私も読んでみたんです

一気に全部読んで思ったことは
うん、そりゃネタにされるよね~(;^ω^)

まずはそうだな このマンガの登場人物について語っていきましょうかい!

村越 純
主人公で10歳の少年
ファミコンの腕はピカ一らしく、どれぐらいの規模なのかはしらんけどファミコンの大会で決勝戦に出場するほど
推理マンガ主人公特有の事件の遭遇率の高さを持つ
好奇心旺盛で殺人事件やら誘拐事件にやたらと首を突っ込んで事件解決に一役買って出ようとする
そして持ち前のファミコンの知識を頼りに犯人を見つけ出すという荒業をやってのける
・・・が、この作品の急な路線変更によって作品の中盤あたりからは
ファミコンの達人という設定は全く語られなくなり、怪盗、ハイジャック犯、怪力殺人鬼といった
大の大人達とガチ格闘を演じるようになる もはや別人

純の兄
刑事をやっているやたら年の離れたジュンのお兄さん
事件の捜査に首をつっこむジュンを邪魔者扱いしながらもなんだかんだでジュンの意見に耳を傾ける
当初は犯人の逮捕シーン等で活躍していたが作品中盤から出番がなくなりそのままフェードアウト

アニー
外国人の女の子 このマンガのヒロインだが絶望的に可愛くない
いや、顔は普通に女の子らしく可愛らしいんだけど髪型がどう見てもリーゼントなのが致命的
男勝りな性格なのと外見のせいで全くと言っていいほど萌えない
中盤から登場してジュンの兄と入れ替わるような形でジュンのパートナーを務めるようになり、この作品の狂言回し的な役割となる
女性キャラらしからぬ変顔、顔芸を披露する やっぱり萌えない

山野田
ジュンの兄の先輩刑事だったが刑事を辞めて探偵をやっている アメリカ人の美人な奥さん(アニーの姉)がいる
爆弾魔の服の汚れを見てその爆弾魔のしかけた時限爆弾のありかを突き止め、解除するなど探偵としては有能みたい
この男が初登場してジュンの兄とのコンビで毛利小五郎と目暮警部みたいになるのかなと思っていたが、
初登場の次の回の冒頭で霜焼けになって入院してそれ以降出番なし

成金 太郎
大企業の社長で絵に描いたような成金のおっさん "なりきん"ではなく"なりがね"と読む
自分のお宝が怪盗に狙われた際はそれを守るのに警察よりも小学生のジュンを頼りにする
基本ギャグキャラとして描かれており、立ち振る舞いがガキっぽく大企業の社長とは到底思えない

怪盗M
見た目はダンディな紳士キャラ 服装は基本黒タイツ
この男が登場したのを境にこのマンガのスタイルが大きく変わった
怪盗らしくクールだが作者が作者なのでギャグ顔になることもしばしば
ジュンとはお宝を盗む側とそれを阻止する側で基本ライバル関係だが、他の悪人が登場したときは共闘することが多い その際はジュンとともにかなり痛そうな目に遭う
部下思いなので上司としてはかなりいいやつ

又八
怪盗Mの部下 池沼キャラその1
一応大人なんだろうが終始デフォルメした状態で描かれているため背はジュンよりも小さい
デザインがついでにとんちんかんで口癖が「あはは あはは」という「ちびまるこちゃん」の山田くん
ドジが多く、怪盗Mに怒られることもしばしば 正直怪盗Mはなぜ彼をパートナーにし続けるのか謎
動物を操ることができ、その動物からお宝のありかを聞き出すこともできるみたいだがそれでチャラにできるとは思えないくらい他の面でのドジが多い

外本 太郎
"ほかもとたろう"と読み、某有名芸術家をモチーフにした名前のとおり、世界的に有名な彫刻家らしいが池沼キャラその2
セリフがほとんど「げっ・・・げっ・・・ゲージュツ!」「ばっ ばっ ばっ」「どっかん どっかん」でもう言動がヤバい 顔もヤバい ヤクきめこんでるじゃないかっていう・・・ はっきり言って精神科に見てもらったほうがいいレベルのおじいさん さすがに元ネタの人に失礼じゃないかと思えてくるぐらいである
ジュン達のそばにいる時にシリアスシーンになると全く描かれない 描いたらシリアス感が薄れるからしょうがない


とまぁ主要人物はこんなもん

あらら キャラ語りだけでこんなに長くなっちゃったな
とりあえず今回はこの辺にして次は各回に対する感想を語っていきましょうかね
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。