REAL BOUTエクストリーム

お絵描きが趣味な江久須の自己満足ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細井先生はミステリー漫画の巨匠らしい

2016.02.11 (Thu)
大変遅くなったけど今回は「少年探偵 ジュンの事件簿」2巻のエピソードについて語っていきましょうか
つーか遅くなりすぎだ・・・

前も言ったように1巻は165ページなのに対し、2巻は309ページ
すげぇボリュームだ!
なので2巻の内容まるごとを1回で紹介すると長くなっちゃいそうなので
やっぱ2回に分けます

第5~6回
1.png
この回から怪盗Mが登場し、ジュンのライバルとしてお宝の争奪戦を繰り広げるようになります
1巻の時みたいに偶然殺人事件と遭遇し、事件を解決していくような流れは全くなくなります
怪盗Mには又八という相棒がいますがそれがこんなの
2.png
なんとも手の抜いたデフォルメされたデザインですねぇ
今回の話は成金さんという大富豪のもとに金のファミコンを盗むという怪盗Mからの予告状が届いたので探偵である山野田さん(元刑事でジュンの兄の先輩)のもとに捜査の依頼がきたけど山野田さんは雪山での事件の捜査で霜焼けになってしまい入院、代わりにジュン君と山野田さんの義妹のアニーが捜査に行くことに
成金さんも当初は「子供に捜査の依頼なんて・・・」とぼやくものの来たのが過去の事件解決に活躍し、ゲームの名人のジュン君だとわかると大歓迎モードに 成金さんもゲーム好きでジュン君に憧れてたみたいです
早速怪盗Mが登場し、成金さんがしかけた罠をあっさりかいくぐって金のファミコンをゲット、銭形警部&警察たちをうまくかわして逃げるルパンのごとく逃げようとしたところ怪盗Mの手を読んでたジュンが立ちはだかる
すると怪盗Mは・・・
3.png
この目潰しシーン、後の同作者による某格闘ゲームの漫画に活かされそうだ
この後、なんとかジュン君の追撃をかわした怪盗Mの勝ちと思いきや怪盗Mが盗んだファミコンは偽物で本物はジュン君がしっかり別の場所に隠していたというオチでした

第7回
今度はデパートで展示される黄金のこぶたをいただくという怪盗Mの予告状が届く
なぜこぶたなのかというと
4.png
こぶた1匹でとんかつ屋を始め、それが成功して成金コンツェルンという大企業に成長したらしいのだがこの成金さん相当運が良かったかかなりのやり手だったのか・・・
ジュン君の兄や警察も警備のために現れるのだが成金さんは完全に警察よりもジュン君に期待している様子
そして前回同様怪盗Mが現れ、ジュン君とアニーと黄金のこぶたの争奪戦がはじまるわけなのだが
5.png
なんとも緊張感の欠ける奪い合いである
最終的にはジュン君のデパートの天井から飛び降りるといった命がけの作戦のかいもあって黄金のこぶたを守りきったのでした

第8回
6.png
この回はこの作品の中でもトップクラスのキ●ガイキャラの外本太郎が登場する モデルにされた某芸術家もまさかこんなキャラが自分をモチーフにしたキャラだとは思わないだろう
この人によって作られたジュン君をモデルにした銅像をまた怪盗Mが盗みに来たのでみたびジュン君と怪盗Mの戦いがはじまる
又八の操る動物や怪盗Mの催眠術なども炸裂し、銅像を奪われてしまうが、ジュン君も奪われた銅像に粉末の蛍光塗料の入った胡椒の瓶をしかけ、落ちている光胡椒を頼りに怪盗Mを追う
7.png
 ジュン君有能すぎる
そして警察と挟み撃ちして怪盗Mを橋の上まで追い詰めるも怪盗Mはあらかじめ用意した飛行船で逃げ切るのでした ジュン君は落ち込むも外本さんによると普通に量産できるものだから心配なかった模様 どこが芸術品だ


今回はここまで 残りのエピソードはまた何日か後に語ります

それにしてもアニーの髪型はもうちょっとどうにかならなかったのだろうか
あと怪盗Mの「M」ってどういう意味なのだろう?
今回紹介したエピソードでも残りのエピソードでも語られてません

くふっ 年明けだ年明けだ

2016.01.16 (Sat)
文ちゃん2016

遅くなりましたが明けましておめでとうございます

去年は長いことほったらかしにしていた「こーりん堂まんが」も完結させ、
文々。新聞友の会にサークル参加するという目標を達成することができました

ただ、友の会で出した新刊は未完成で、途中まで掲載+過去の作品の再収録となってしまったので、
もし今年も参加するのであれば完成させた状態で出したいですね

今年も画力を向上させてよりクオリティの高い漫画を描けるよう頑張ります
よろしくお願いします!!

P.S.
メダロット9を買ってプレイをしたので感想を書いていこうと思います
あ・・・その前に「少年探偵 ジュンの事件簿」だな

どうせやつの人生もこれでゲームオーバーなんだ

2015.11.22 (Sun)
さて今回は「少年探偵 ジュンの事件簿」の各エピソードについて語っていきましょうかね
さっそくいくぞーーーーーーーーっ!!

第1回
ゲーム会社のプログラマーが殺されるところから話がはじまるんですが、
被害者のダイニングメッセージの残し方がゲームのカセット内にプログラムでメッセージを残し、
それはカセットをファミコン本体に差し込んで起動しないと確認できない
という・・・
Screenshot_2015-11-22-16-10-46-1.png
推理にゲーム要素をつめこみたいとはいえ、普通に紙に文字書いたほうが早いと思うのは素人考えだろうか?
主人公ジュン君は警察の捜査に首突っ込んだり真相を知ろうとした際に犯人に襲われたりコ○ン君みたいでした

第2回
ゲーム大会で優勝したら両親に結婚を認めてもらえるっていうカップルが登場しますがそんなんで認めちゃっていいのか!?
Screenshot_2015-11-22-16-11-41-1.png
犯人の特徴は太っているとのことですが、そこでジュン君が「スーパーマリオだ!」「小さいマリオはキノコを採ると大きくなってスーパーマリオに変身する。そのキノコの変わりがあれば人間だって!」と発言するところはシュール極まりなかったっすな(無駄に大ゴマだし) 「体のサイズを変えられる人がいれば」とだけ言えばいいのでは・・・ これも無理矢理ゲーム要素を盛り込んだ結果ですな
優勝第1候補が殺されて第2候補も襲われて重症となって最終的にライバルがいなくなって優勝するのが犯人だったんですがその犯人を逮捕しにいく前のジュンの兄の上司の台詞がいいですね あえて逮捕に行く前で終わるところも
ちなみにこの大会のゲームの競技内容はマイティボンジャック、ゲゲゲの鬼太郎、グラディウス、スーパーマリオブラザーズでした なんだこの微妙なラインナップは・・・

第3回
Screenshot_2015-11-22-16-16-19-1.png
誘拐されたジュン君の友達が書いた手紙によって犯人のアジトがわかるという流れはありがちではありますが、ゲーム要素を無理矢理取り込むとやっぱりツッコミどころ満載ですね~
手紙の文章に「グラディウス」と「ツインビー」という単語を入れることによって、その手紙は左下から真上に読んでいけば真のメッセージが伝わるということだそうです(グラディウスは下から上に進む縦スクロールゲーム、ツインビーは左から右へ進む横スクロールゲームだかららしい)
これ読み方がわかったジュン君もすごいけどこの手紙を書いたジュン君の友達もすごいな

第4回
可愛くないヒロイン・アニー初登場 この回からゲーム要素がほとんどなくなります
Screenshot_2015-11-22-16-55-45-1.png
普段優しい学校の先生が実は爆弾魔だったという結構怖いお話でした その先生も初登場時は穏やかな表情だったけど自らを爆弾魔と明かした時の顔はもうホラー入ってました
ジュン君のお兄さんが犯人を投げ飛ばして逮捕するシーンはジュン君のお兄さんの1番輝いてた時ですな

ここまでが1巻の話です
単行本では1巻だけしか出ておらず、ケータイコミック閲覧サイトでようやく単行本未収録のエピソードが見れるようになりました
ただ、1巻は165ページなのに対し、1巻に収録されなかったエピソードが一気に収録してあるので309ページもあります
なぜこんなにページのストックがありながら単行本では1巻しか出なかったのか? やっぱ不人気で1巻の売れ行きが悪かったから・・・!?
まぁボンボンで連載された漫画で単行本に完結まで話が収録されなかったり、単行本自体出なかったりした作品はいくつもあるんですがね・・・

少し長くなったので今回はここまで 次回は2巻のエピソードです

キノコの変わりがあれば人間だって!

2015.11.15 (Sun)
サークル参加した「文々。新聞友の会」も無事に終わりましたよーーーっ

・・・いや、やっぱり新刊があんな形になってしまったのは自分としても残念でした・・・はい
次に参加するイベントではあの話を完成させて発表しなければね

そうそう、前々から言ってたあの漫画もようやっと完結させることができてpixivに公開しました
十数ページの漫画完結に何年も時間かけてもうたわ
よければみてやってくだせぇ・・・

さて、今回はとあるマンガについて語らせていただきたいと思います
ていうか語りたいマンガは山ほどあるんですけどね
なかなかブログを更新するモチベ(ry

b3508_320.jpg
少年探偵 ジュンの事件簿
いろんなマンガレビューサイトや某サイトの動画でネタにされまくっている作品なんですが
ケータイマンガ閲覧サイト(会員制)で偶然見つけ、
大好きなボンガロの作者が描いてるのでこの度私も読んでみたんです

一気に全部読んで思ったことは
うん、そりゃネタにされるよね~(;^ω^)

まずはそうだな このマンガの登場人物について語っていきましょうかい!

村越 純
主人公で10歳の少年
ファミコンの腕はピカ一らしく、どれぐらいの規模なのかはしらんけどファミコンの大会で決勝戦に出場するほど
推理マンガ主人公特有の事件の遭遇率の高さを持つ
好奇心旺盛で殺人事件やら誘拐事件にやたらと首を突っ込んで事件解決に一役買って出ようとする
そして持ち前のファミコンの知識を頼りに犯人を見つけ出すという荒業をやってのける
・・・が、この作品の急な路線変更によって作品の中盤あたりからは
ファミコンの達人という設定は全く語られなくなり、怪盗、ハイジャック犯、怪力殺人鬼といった
大の大人達とガチ格闘を演じるようになる もはや別人

純の兄
刑事をやっているやたら年の離れたジュンのお兄さん
事件の捜査に首をつっこむジュンを邪魔者扱いしながらもなんだかんだでジュンの意見に耳を傾ける
当初は犯人の逮捕シーン等で活躍していたが作品中盤から出番がなくなりそのままフェードアウト

アニー
外国人の女の子 このマンガのヒロインだが絶望的に可愛くない
いや、顔は普通に女の子らしく可愛らしいんだけど髪型がどう見てもリーゼントなのが致命的
男勝りな性格なのと外見のせいで全くと言っていいほど萌えない
中盤から登場してジュンの兄と入れ替わるような形でジュンのパートナーを務めるようになり、この作品の狂言回し的な役割となる
女性キャラらしからぬ変顔、顔芸を披露する やっぱり萌えない

山野田
ジュンの兄の先輩刑事だったが刑事を辞めて探偵をやっている アメリカ人の美人な奥さん(アニーの姉)がいる
爆弾魔の服の汚れを見てその爆弾魔のしかけた時限爆弾のありかを突き止め、解除するなど探偵としては有能みたい
この男が初登場してジュンの兄とのコンビで毛利小五郎と目暮警部みたいになるのかなと思っていたが、
初登場の次の回の冒頭で霜焼けになって入院してそれ以降出番なし

成金 太郎
大企業の社長で絵に描いたような成金のおっさん "なりきん"ではなく"なりがね"と読む
自分のお宝が怪盗に狙われた際はそれを守るのに警察よりも小学生のジュンを頼りにする
基本ギャグキャラとして描かれており、立ち振る舞いがガキっぽく大企業の社長とは到底思えない

怪盗M
見た目はダンディな紳士キャラ 服装は基本黒タイツ
この男が登場したのを境にこのマンガのスタイルが大きく変わった
怪盗らしくクールだが作者が作者なのでギャグ顔になることもしばしば
ジュンとはお宝を盗む側とそれを阻止する側で基本ライバル関係だが、他の悪人が登場したときは共闘することが多い その際はジュンとともにかなり痛そうな目に遭う
部下思いなので上司としてはかなりいいやつ

又八
怪盗Mの部下 池沼キャラその1
一応大人なんだろうが終始デフォルメした状態で描かれているため背はジュンよりも小さい
デザインがついでにとんちんかんで口癖が「あはは あはは」という「ちびまるこちゃん」の山田くん
ドジが多く、怪盗Mに怒られることもしばしば 正直怪盗Mはなぜ彼をパートナーにし続けるのか謎
動物を操ることができ、その動物からお宝のありかを聞き出すこともできるみたいだがそれでチャラにできるとは思えないくらい他の面でのドジが多い

外本 太郎
"ほかもとたろう"と読み、某有名芸術家をモチーフにした名前のとおり、世界的に有名な彫刻家らしいが池沼キャラその2
セリフがほとんど「げっ・・・げっ・・・ゲージュツ!」「ばっ ばっ ばっ」「どっかん どっかん」でもう言動がヤバい 顔もヤバい ヤクきめこんでるじゃないかっていう・・・ はっきり言って精神科に見てもらったほうがいいレベルのおじいさん さすがに元ネタの人に失礼じゃないかと思えてくるぐらいである
ジュン達のそばにいる時にシリアスシーンになると全く描かれない 描いたらシリアス感が薄れるからしょうがない


とまぁ主要人物はこんなもん

あらら キャラ語りだけでこんなに長くなっちゃったな
とりあえず今回はこの辺にして次は各回に対する感想を語っていきましょうかね

文々。新聞友の会で、出ますよ・・・

2015.10.10 (Sat)
サンプル1

オ・・ オレが・・? ブログの更新を4ヶ月以上も怠ってい・・・・る・・?

すみません、なかなかブログを書く精神的な余裕がなかったもので・・・
(でもTwitterではバシバシつぶやいているという・・・・)

え~上の画像は10月12日京都市勧業館(みやこめっせ)にて開催予定の
第百三十季 文々。新聞友の会で発表する新刊であります

新刊といってもその中に収録されている新作はほんの数ページで未完成という・・・
いや・・本当に申し訳ございません なかなかストーリーが思い浮かばなかったのもあるのですが、
プライベートの方が忙しくてちゃんと完成させることができませんでした
これだけだとあまりにもページ数が寂しいのでC84で発表したコピー紙も再収録致しました
時間が全然なかったので表紙もこんな寂しいものに・・・(´;ω;`)

既刊の「一筆啓上私闘が見えた」「東方凡餓狼」「ザ・キング・オブ・シスターズ」、
あと色紙も何枚か持っていく予定です

しかし新刊は明日の午前中自宅に届くことになってるんですが、ちゃんと届くのか心配で心配で・・・

ま、とにかく、当日はスペース丸-34、サークルEG妄℃をよろしくお願いします~!



あ、そうだ(唐突)
東方キャラ人気投票なんですが、(超今更)

あの霊夢が・・・負けた!?

とうとう霊夢が2位に陥落してこいしちゃんが1位になりましたね~
正直いずれ霊夢が1位でなくなる時はくるんじゃないかとは思ってたんですが・・・

まぁ僕はこいしちゃんに票を入れてたんですけどね(一押しはやっぱり文ちゃん)

深秘録、紺珠伝も発表されたし、次の人気投票はどうなるか楽しみじゃわい
« Prev  | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。